Light in Light(R)*アセンション

アクセスカウンタ

zoom RSS 「AVATAR」に感謝!

<<   作成日時 : 2010/05/06 20:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「AVATAR」をDVDで観ました。記憶が鮮明なうちに、ログを。(笑)

家の小さなPCですが、私には3Dは不要で、どんな映画でもすぐ入り込めるので、問題ありませんでした。

映画は、虚構の世界で、あまり見過ぎると現実との乖離が起こるかも、とか、現実に直面させない力が働くかも、と思って、観たくても、結構我慢していることが多くありました。最近は、このことに限らず、欲求には理由があるので、遠慮なく、それが道を逸れることになっても、したがってしまえ、と思っています。が、実際は、道を逸れることではないのですね。人間界、特にスピリチュアルな知識といわれるものが、本当にそうなの?と思うことばかりの、今日この頃です。

さて「AVATAR」。とても助けになりました。私には、ネイティブアメリカンの転生がいくつかあったらしく、その地に行けば、記憶がよみがえることもあるのですが、このパンドラとナヴィを観させてもらったほうが、よりそれらのネイティブな転生につながりやすくなりました。この映画には、何か秘密があるのかもしれません。

ネイティブアメリカンの少女の絵を持っていますが、これを一目見たときに一目ぼれ。そして、それを見たクレヤボヤントの友人が、「あなたね」と言ったので、あぁ、そうか、私の転生を表したような絵なのだ、と大切にしています。その少女が、それは人間なのですが、ネイティリにとてもよく似ているのですね。ですから、彼女を観ていると、なんだか自分との境界線が消えていくのを感じました。

イクランの背に乗って・・・これも、どこかに記憶がありますね。おそらく寝ている間に、ドラゴンに乗っているのでは?と思います。以前、この映画のような雰囲気の夢を見たことがあります。その夢でも空を飛んでいて、空中戦の真っ最中。しかし、戦争ではない感じなのです。素敵な恋もして・・・というときに、母親が「千秋、朝だよ〜」と声をかけるので、目が覚めてしまい、あぁ、悔しいな、もう一度寝て、夢の続きを見てやれ、と思って眠ったら、見事、続きが見れた、という経験があります。

この映画の仕掛けは、とても楽しくて、「絆 bond」劇中では主に、複雑な単語を使っていましたね。その絆が結ばれた後の動物たちの反応。あぁ、分かるなぁ、あの、しーーーーーんとする感覚。私は、よく実家のワンちゃんとそれをしています。以前「瞑想する犬」という文章を書いたことがあるのですが、本当に、しーーーーーんとするのです。その雰囲気が映画からよく出ていました。あ、知ってるな、と思いました。

戦争シーンが長いのがつらかったですが、そうでもしないと今の人類の興味を引き付けられないのだろう、と思いました。そして、あまり地球離れしていない感じがありましたね。設定や展開に。しかし、あの間近に見える惑星は圧巻でしたね。実際、私も夢の中ですが、空いっぱいに広がる惑星を見上げた経験がありますので、それを思い出しました。

動植物たちも素敵。特に、最初の頃、笠を広げて繁茂する植物。パープルでしたっけ?オレンジ? あぁオレンジかな? それがジェイクが触れると閉じちゃう、これがどんどん閉じる、それが面白かったですね。その後、彼がネイティリに助けられるのですが、動物たちに襲われていた彼が「悪い」と言われて理解できないところ、まさに人間だぁ、と。彼のハートには恐れがない、と言っていたけれど、恐れのない人間に対して、動物が牙をむくだろうか、と思いました。人間に恐れがあるから、動物に襲われるのだ、と思っていましたが。

そう、そして「リンク」する。あぁ、分かるなぁ、私も目が覚めると、彼とおんなじ気分。(笑) 毎日。1日2回か3回あるときもあります。(お昼寝するから) 体に入るのが大変なのです。朝はお風呂に入って、ゆっくり時間をかけて、こちらの体に慣れていく、ということをします。今は、すごい勢いで、キーを打てていますが、ゆっくりとしか動けないときもあるので、無理をしないようにしています。こういうケースのためのフラワーエッセンスなども知っていますが、今は敢えて使いたくないので、使っていません。自分でマスターしようとしているのだと思います。

いずれにしても、この映画を観たおかげで、私は、自分の深遠な部分と出会い、深い深い交感が起きました。すごく不思議で深遠な感覚、それは、言葉にはできないですね。不思議です。瞑想や霊的な刺激以上に、映画の影響が大きく働いている、というのは。自分にとって一番大切なものを見つけた、という感じです。

映画を観ることをお勧めします。私は劇場に行く時間がとれなかったので、3Dで観れませんでした。機会があれば、とは思いますが、3Dで観る必要性は特に感じませんでした。

世の中には、高次の計らいによって生まれる映画があるらしい、とのこと。この映画は、その一つかもしれません。

ちなみに、霊的な影響を考えるなら、これらの映画もお勧めです。「2012」「きみがぼくを見つけた日 THE TIME TRAVELER'S WIFE」。特に後者は、睡眠中の旅を覚えていられるよう助けてくれるかも?

映画は、意識を広げるためのいいツールになっているのかもしれませんね。


アバター ブルーレイ&DVDセット [初回生産限定] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2010-04-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

「AVATAR」に感謝! Light in Light(R)*アセンション/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる