Light in Light(R)*アセンション

アクセスカウンタ

zoom RSS チャネリングで役立つもの

<<   作成日時 : 2017/08/04 01:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

チャネリングを学んでいる人も多いと思うので、これを書きたいと思いました。

まず、チャネリングは、そのメッセージの源となるアセンデッド・マスターや高次の存在からの招待で始まります。

私は、2016年春から、通信制大学の学生になりました。高校はまったく(積極的な)勉強をせずに社会人になり、30歳ころから、学ぶことが大好きになり、20年ほど前から、大学へ行って学び直そうかということをたびたび考えるようになり、今回やっと重い腰を上げた、というわけです。自分の学習値は、中学3年生だな、と最近思いました。

興味がある科学を学び始めました。

ドキュメンタリー番組などで、宇宙やら、地質やら、そういったことに興味があったのです。すると、なんだかはまってしまって、昨年は科学全般、今年は、地球の歴史、地質、気象、海洋などを学びました。

それほど深い内容ではないのですが、以前よりは、いろいろと納得することが増えたので、この「学習への導き」は正しいのだな、自分は適切な選択を行っているな、と感じ始めています。

ちょっと前までは、何をやっているのだろうか、なぜ?と思っていました。ちょっとしんどかったりしても、なんだか面白いので、学び続けたいという気持ちは変わりませんでした。いろいろと不条理が見えたりしながらも、毎回乗り越えて、ここまで来ています。

そもそも、地震や火山、災害、地球の歴史、物質レベルでの仕組み、エーテルレベルとの調和 etc.に興味があったので、そのような視点で学んでいます、それ以上に、この学びが役立っているのは、チャネリングの分野です。

自分自身も興味があるので、地震や地球の物理的変容が、これからどう起こって行くのか、など常に考えていることが多く、特段知識もありませんから、何か大きなことをしようなどとも思わず、自分が理解できることが増えたり、対応できるとわかってくると面白くて、さらに興味が湧いたり、といったことをしていたら、ここ1年くらいで、そういった内容のチャネリング情報が届くようになりました。

なぜこれが起こっているのか、その意味は何か、どうすればいいのか、これからどうなりそうか、そういったことをアセンデッド・マスターに尋ねることが多く、その返答は、ほとんど公開できるほど、明確なものではなく、こんな感じですよ的なものなので、自分が理解して、そうか、そうなるか・・・そして次へ、という感じで来ました。

科学的な分野は、科学者がチャネルになるのが最適、知識がないと、社会に役立てない、と思っています。今までも、物理学者がチャネルした情報やら、科学者経由の情報に触れてきて、今でもそう思っています。彼らの知識というベースがあれば、チャネリングされた情報は、非常に生きてくる、と思います。

そして、ここ1年くらい、テロスのアダマ(レムリアのアセンデッド・マスター)や、テロスの科学者からの、地球の変動に関する情報がぽつぽつと届く様になりました。とはいっても予言的なものではなく、現状把握に役立つレベルのものですが、私にとっては、とても助かっています。

中には、一般に公開するように(アダマから)要請があるものがあるので、それらはできるだけ文章化して、ブログで公開しています。実際に文章化すると、自分が受け取った波動とずいぶんと変わるものだというのが率直な感想です。それが、一般的には役立つからなのでしょう。私が理解するために役立つ情報と、一般に公開するものは別枠なのだ、と感じます。

これらが、地球上での災害に対して、私たちがどのように生活するのがいいのか、といった内容も含まれているのと、テロスの教えの中にある「元素界(と私が呼んでいる エレメンタル)」との協働にも関連し、地球のガーディアン(守護者)育成を行っている私にも、何か役割があるのかもしれない、と感じ始めているところです。

アダマやテロスの科学者は、レムリアの存在なので、チャネルもレムリアの波動を持った人でないと、情報伝達がスムーズに行かないのかもしれません。

思えば、以前、そのようなテーマでのチャネリングを出版社から依頼されたこともありますし、私自身、もう長いこと元素界との協働をしてきているので、この流れも自然なのかもしれません。

元素界との協働は、周波数を扱うので、エネルギーワーク的なところも大切ですが、最近、知識が増えると、そういった地上の知識も、とても役立つと感じています。

最近は、海洋の働きや、地殻(プレート)の動き方、気象や、それらすべてがつながりを持っていることなどを学び少しずつ理解が進むと、これらに重なったエーテルレベルの動きも、以前にも増して、よく実感できるようになり、地球を取り巻くグリッドとの協働も、より強力にできるようになった気がします。

私が科学領域の理解を広げれば広げるほど、アダマや科学者たちから送られる情報が、より高い精度で受け取れるようになります。エレメンタルとの協働には、化学分野が、地球との協働には、地質学や気象学が、そしてエーテルレベルには、(私自身はこれから少しでも理解したいと思っていますが)量子物理学が、大きな力を与えてくれるのだと思います。

また、すでにこれらの知識を持っている人々には、その領域に重なるエーテル世界のすばらしさも知ってほしいと思っています。

どんなことでも、自分が興味あることは、私たちの使命につながっているのでしょう。勇気を持って進んでくださいね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

サイト内ウェブ検索

チャネリングで役立つもの Light in Light(R)*アセンション/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる