Light in Light(R)*アセンション

アクセスカウンタ

zoom RSS クリスタルグリッドのワークシリーズ

<<   作成日時 : 2016/11/08 10:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日(2016年11月7日)Light in Light®のグループワークを行いました。

その前日から感じていたことですが、このワークはシリーズとして行われるのだろう、と。

クリスタルグリッドとのワークなど、グループワークに興味ある方は、レムリアン・メロディーⓇ(小幡さん)へご連絡ください。
info at lemurian-melody dot com
(at と dot を記号にして送信してください)


一夜明けて今朝、一昨日からずっと受け取り続けてきた「光」のメッセージ的な意味合いがわかりました。

昨日のグループワークでは、クリスタルグリッドについての内容が中心をなしていて、それはテロスのアダマの意向にも関連しているものです。

(クリスタルグリッド、テロス、アダマなどの用語については、最下段をご覧ください)

アダマは、私たち人類に対して「クリスタルグリッドにつながり、それを活用してほしい」と強く願っています。

それは、私たち個人の霊的進化もさることながら、人類全体の進化、ひいては地球の進化・移行に大きく寄与する内容だからです。もちろん、地球の進化を助けているテロスやそれ以外の進化した存在たちが行っている活動にも大きくかかわってきます。

グリッドワーク(ここではクリスタルグリッドとのワーク)をするためには、かつてアトランティス時代にあった「エネルギーの誤用」が起こってはならないように制御されていますので、同じことを繰り返す可能性がある「接続」(人)ははじかれてしまいます。ですので、まず私たちサイドでは、これらの誤用を起こさないように自己制御できるように訓練する必要があります。そして、その訓練が終わった人から、クリスタルグリッドへのアクセス許可が下り、さらにはグリッドワークへ招待されるようになっています。

人類の一部の人々には、生まれながらにアダマのチームが行っているようなグリッド管理の役割を持った人が数百人に一人くらいの割合でいて、それらの人々がまずグリッドワークをマスターし、人々にグリッドへのつながり方を教えていくようです。

これらの管理階層の人々と一般の人々の違いは、グリッドの管理ができるかどうかだけなので、人類はすべてクリスタルグリッドを活用する許可を、先ほどの「誤用」の課題がクリアされた時点で受け取ることになります。

クリスタルグリッドは、平面的なグリッド(格子)形ではなく、地球においては、または私たちの次元に関する部分においては、立体的なグリッドで、これが今まで働いてきたそのほかのグリッド(例えば、マグネティックグリッド)などを包含しつつ発展していくものになるようです。最終的に地球のこのようなエネルギーグリッドは、クリスタルグリッドに集約されていくのかもしれません。しかし、それはもっとずっと先で、地球が完全にアセンションする直前か、その直後くらいでしょう。今はまだ、種々のグリッドが、それぞれの役割を果たすために機能しています。

クリスタルグリッドにつながることは、よく知られているアカシックレコードにつながることに匹敵するくらい、もしかするとそれ以上に、私たちに有益なものをたくさん与えてくれそうです。

クリスタルグリッドは、常に進化し続けるグリッドであり、私たちが「自身の光」を加えることにより、それはさらに発展を加速できます。光の存在たち(アダマとそのチームやそれ以外のアセンデッド・マスターたち)が行っているグリッド管理だけではなく、私たち人類がこれに加わることによる効果というのが、とてつもなく大きな反響を呼ぶことになるようです。

それは、私たち人類こそが、本来であれば地球の進化に重要な役割を担うべき立場であるからといえます。今はまだそこまでの進化が達成されていなくても、目覚めた人々から順に、これらの「光の活動」に従事することによって、私たち人類は全体として進化していくことになります。

クリスタルグリッドにつながり、その機能を活用できるようになれば、多くの悩みが解決することでしょう。

クリスタルチルドレンと呼ばれている子どもたちが成人を迎えはじめ、彼らがすでに行っている「クリスタルグリッドの使い方」を、彼らより年長の私たちが学ぶ時がきました。

時代の変化、社会の変化、世界が一つになる、その「未来」といわれた「とき」が、今見え始めてきました。


クリスタルグリッド、テロス、アダマ、マグネティックグリッド、クリスタルチルドレン などについては、テロスブックシリーズ(レムリアシリーズ)をご覧ください。
レムリアの真実
レムリアの叡智
新しいレムリア
いずれも オレリア・ルイーズ・ジョーンズ著、片岡佳子訳、太陽出版刊

購入はこちらから。
Telosレムリアン・シティ®ウェブショップ
http://telos-lemurian-city.com
オレリア・ルイーズ・ジョーンズ著作

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

サイト内ウェブ検索

クリスタルグリッドのワークシリーズ Light in Light(R)*アセンション/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる