Light in Light(R)*アセンション

アクセスカウンタ

zoom RSS パナマ文書

<<   作成日時 : 2016/05/10 14:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

いよいよ大規模な情報公開が始まりましたね。

この名前が言われるようになってから、どのような流れになるのだろうか、と思ってみていました。

思えば、トマ・ピケティ氏の資本論から始まって、欧米のみならず、日本でも格差が大きな話題をしめる時代になり、私たち日本国民の間でも、教育が受けられない子どもたちの問題、保育所の不足、消費税増税 などなど、次から次へと問題は生まれてきていました。

国が大きな改革を英断することは期待薄なので、ここは、税知識がある人々が集まって、ICIJ日本版を作って、ICIJとも協働して、調査をすべきだと思います。ジャーナリスト(フリーの方になると思いますが)や司法に通じている人々など、専門知識をすでに持っている人々が、調査を進め、その結果を国民に報告していくシステムができるといい、と思いました。

合法であるかどうか、ということが注目されるでしょうが、スピリチュアルな学びを進めている人々にはすでにわかることですが、合法が必ずしもスピリチュアルに正しい(適切な)道である、というわけではありませんので、そのあたりが、どのように進んで行くか、これが人類がどこまで進化していけるか(または、どこまで進化したか)、ということを物語るのではないかと思います。

「法」そのものを世界レベルで改革ですね。物差しが狂っていては、合法も違法もないでしょうから。

私は税知識も、法律知識もなく、もどかしいのですが、もしそれらがあったら、ぜひ前述した活動を始めたいくらいです。エネルギー・リーディング能力はあるので、そのようなものが役立つのであれば、調査に参加したいです。命を狙われても、気にしません。ライトワーカー、命かけて生きていますので。

それにしても、リストに載った企業のタックスヘイブン子会社の資本額が、3兆円ほどのところもあれば、36万円という企業もあり、それって、どういうこと?と、私には???だらけです。(私が見たリストが正しいとすれば、の話ですが) 

合法であってもなくても、本来日本に残るべきお金が、国外に流出してしまっていたとすれば、・・・(このあと、あまりにも過激な言葉になるので、省略します)

日本国内で、暴動が起こってもおかしくないくらいの事態だと、私は捉えています。私個人は、暴動を起こしたいと思わないので、皆さんにも勧めることはしませんが、何もしないで放置することではないと思うのです。

もし、それらのお金が、これからでも日本に残れば、以下のようなことが可能かもしれません。

◇ 東日本大震災、熊本・大分地震、その他 被災地の完全復興
◇ 教育費の完全無料化
◇ 消費税撤廃
◇ 介護士、保育士の処遇向上
◇ 必要なだけ介護施設、保育園を建設する

私の ぽわぽわした頭でも これくらいのことが考えられるので、専門知識を持っている人々には、今こそ、あなたの力が必要とされていて、その実行が待たれている!!と声を大にして伝えたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

サイト内ウェブ検索

パナマ文書 Light in Light(R)*アセンション/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる